カードローンで行われている審査

現代では融資サービスも多様化する時代になってきており、様々なプランが提供されております。 そうした多くの金融商品の中においてカードローンを選択されるという方も非常に多くなってきておりますが、 実際にカードローンの申し込みをすると与信審査を受けなければならず、それに通過できないと融資が受けられないこともあって、 初めてカードローンを利用されるという方にとっては与信審査に対して不安を抱えている方もいらっしゃると思います。 しかし融資の申し込み後に行われるようなみずほ銀行カードローンの審査は、基本的に返済能力があるかどうかということが重要視されてきますので、 しっかりとした収入が確保されているという方であればほとんど審査に通過できると考えてもいいと思います。

また、カードローンの種類も普通のカードローンからおまとめローンなど多様化してきておりますので、消費者金融や銀行の融資の違いをしっかりと比較したうえで、 最適なカードローンサービスを選択することで自分の属性情報を有利にすることもできるようになっているのです。 近年ではカードローンにおいては総量規制という言葉が耳にされるようになってきておりますが、カードローンを利用する際には、 この総量規制による制限についてもしっかりと押さえておくことが大切になってくるのです。

総量規制の対象となるカードローンは消費者金融のカードローンであり、銀行カードローンであれば銀行融資ということで、 総量規制の対象外で借り入れをすることができますので、高額な借り入れを検討されているという方などは、消費者金融からの借り入れではなく銀行カードローンでの借り入れを検討してみるのも大切になってくるのです。 カードローンの与信審査においては信用情報機関に保管されている属性データによって審査結果が出されるようになっていますので、 もし年収の3分の1を超える融資を必要とされている方がいらっしゃるようであれば、審査の属性で総量規制の対象とならないような銀行融資としてのカードローンを選択することが求められるのです。

申し込みブラックを回避する申し込み方法とは

申し込みブラックとは金融機関に融資を申し込みをしても審査に通過しにくい状態になっていることを言いますが、ほとんどで短期間に複数社の融資の申し込みをしていることが原因です。 なので、具体的に申し込みブラック状態にならないように申し込みをするには短期間に複数社への融資の申し込みを避けるという方法をとるべきです。この場合の短期間とは一か月程度で、複数社とは3社程度のことですので、一か月以内の融資の申し込みは2社までにしておき、もしその申し込みで審査が通過しなかった場合には次の申し込みは一か月以上の期間を空けることが必要です。

契約までの流れ

口座をお持ちの方
  • (注1)ご利用限度額が200万円超の場合必要となります。
  • (注2)パソコンおよびスマートフォンでのお取り扱いとなります。モバイルは対象外となりますので、あらかじめご了承ください。
  • *iOS 8搭載の端末からカードローンのお申し込みをする際、本人確認書類・収入証明書の画像登録が出来ないという事象を確認しております。
    iOS 8搭載の端末をご利用されているお客さまは、パソコン・電話・みずほ銀行店頭にてお申し込みいただきますようお願い申しあげます。
口座をお持ちでない方
  • (注3)カードローンカードでのご利用をご希望(カードローン専用型を選択)された場合にお送りします。
ご利用限度額に応じて年4.0パーセント~14.0パーセントをご用意。住宅ローンのご利用でみずほ銀行カードローンの基準金利から金利を年0.5パーセント引き下げます。ご利用限度額 10万円以上~100万円未満 100万円以上~200万円未満 200万円以上~300万円未満 	300万円以上~400万円未満 基準金利 年14.0パーセント 年12.0パーセント 年9.0パーセント 年7.0パーセント ご利用限度額 400万円以上~500万円未満 500万円以上~600万円未満 600万円以上~800万円未満 800万円以上~1000万円以下 基準金利 年6.0パーセント 年5.0パーセント 年4.5パーセント 年4.0パーセント(2014年7月31日現在)
みずほ銀行カードローンのお申し込み
みずほ銀行カードローンのお申し込み
PAGETOP